不動産での仲介業者を挟む理由

信頼できる業者選び

信頼できる仲介業者

不動産仲介業者の数は膨大です。
どの業者を選べば良いか悩む方も多いと思います。
業務内容は同じでも責任をもって取り組んでくれる業者を選びましょう。
自分の条件に合わせてくれて、押し付けない業者が良いでしょう。

仲介業者を選ぶ基準としては、やはり従業員が多く資本金が大きい会社が信頼できるとされています。
昔は不動産の仲介件数が異なっていましたが、現在では物件がインターネットに99パーセント掲載されていますので、どの業者でも扱う物件は同じです。
残りの1パーセントは新築物件ですので、新築にこだわらなければ気にする必要はないでしょう。
新築の場合礼金が発生することが多いので、こだわりが無い限り避けたほうがよいでしょう。

信頼できる営業マン

信頼できる不動産仲介業者も重要ですが、そのなかで信頼のできる不動産営業マンを見つけましょう。
しっかりと条件を理解してくれて、細かい質問にもキチンと答えてくれる人がよいでしょう。
当たり前のことですが、忙しいのか意外と話を聞いていなかったり忘れていたりスケジュールもこちらが合わせなくてはならなかったりということもありますので、スムーズに良い物件を探すためには営業マンも重要なのです。

最近では営業マンを指名できるサービスもありますので、物件探しは決して適当にならずに良いと思った人に任せましょう。
いくら会社が信頼できても手続きや交渉などは営業マンが行いますので、まずは自分が信頼できると感じてから依頼することをお勧めします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る