不動産での仲介業者を挟む理由

不動産仲介料とは

仲介手数料とは

仲介業者を通す上で必要となってくるのが仲介手数料というものです。
仲介手数料とは、賃貸を仲介業者を通して借りた方なら分かると思いますが、契約成立時に賃料の一か月分など業者に払う代金です。

この金額には上限があります。
成約の金額で仲介手数料は変わるのですが、交渉で値引きすることもできます。
賃貸の場合は賃料の一か月分が仲介手数料の上限となっています。
物件の売買では価格の税別で3パーセントが上限額です。
これは宅建業法により設けられていますので、これより上の金額を請求することはできません。

逆に、決められているのは上限だけですので、仲介料を少なくすることは問題ありません。
ですので色々な仲介業者と比べてみても良いでしょう。

仲介料の値引きと無料

値引き交渉で仲介料を安くすることができますが、不動産仲介業者の報酬は仲介手数料だけですので、無理に値引きしてしまうのは仲介の質を下げかねません。
自分の収入や状況にあった値引きをしましょう。

仲介手数料が無料の業者も増えていますが、怪しいことをしているわけではなく仲介を1社で行っているからです。
依頼から成約まで1社で行うことにより仲介手数料を買主と売主と両方取れるので、どちらかしか取らない方法をとれば片方を無料にできるのです。
買い手が少ない場合は依頼主から手数料を取って買いやすい状況を作ります。
一般的に処理の手間が多い売主や貸主側に手数料を頂いてる場合が多いので、買い手には無料の広告が出回っているケースが殆どです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る