不動産での仲介業者を挟む理由

不動産仲介業者の業務

不動産仲介業者はトラブルも解決してくれる

仲介業者に依頼するメリットとデメリットですが、多くはメリットが多いようです。
ただ一つデメリットといえば仲介手数料です。
仲介手数料がかかるという以外はデメリットは無いので、費用に関してはしっかり確認しましょう。

必ず仲介業者を利用しなくてはならないわけではないので、知り合いや当事者だけの間での取引も可能です。
しかし、法的な物件の権利などの色々な処理が多く、結局仲介業者などに依頼してしまうそうです。
不動産の取引は周辺の状況や買主の感覚の違いでトラブルが多く、そういったトラブルを嫌がり直接取引はしないオーナーが増えてきています。
近年のトラブル増加で直接の連絡を受け付けていないオーナーを多く見られます。

最初から最後まで仲介

トラブルなどの解決だけではなく、双方の条件に対して柔軟に交渉して提案するのも重要な業務で、そうした取引きを調整してスムーズに契約できるように適正な価格を判断してくれます。

契約して終わりではなく、売買代金がしっかり支払われるまで確認します。
賃貸では物件の修繕や維持も管理している仲介業者もありますが、仲介業者と管理会社が別な場合もありますので、確認しましょう。

仲介業者を挟むことにより、様々な処理やトラブルをスムーズに対応できることから不動産仲介は当たり前なことになっています。
ただし、業者によってサービスの質は異なりますので自分に合った仲介業者を探す必要があります。
信頼のできる仲介業者を探しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る