不動産の管理に仲介業者を挟むメリット

不動産での仲介業者を挟む理由

不動産仲介業者の業務

現在、物件の売買や賃貸では当たり前のように不動産仲介業者が間に入って契約します。 仲介業者を扱うからには必ず料金が発生しているのですが、昔より利用者が多いのはなぜでしょうか。 メリットが多いのが理由でしょうが、その理由とは一体何なのでしょうか。

不動産仲介業者を挟むメリット

仲介業者とは売買依頼主や賃貸オーナーなどの間に入り、契約を成立させたり物件の管理などを行う業者です。
最近ですとオーナーが直接契約や管理するケースが稀で殆どの場合、仲介業者が間に入っています。

なぜオーナーは仲介業者を使うのでしょうか。
不動産の仲介業者の業務は幅広く最終決定以外は殆ど仲介業者が管理してくれます。
決済などの対応や契約書などの書類作成、宣伝の為の資料作成や物件を査定して賃料や売買価格の提案など、書面の処理は殆どしてくれます。
さらに物件の現地案内など実際に足を使う作業も全て任せることができて、客と顔を合わせることなく契約を成立することが出来ます。
接客を全て仲介業者に任せることによりトラブルや書類作成など手間のかかる作業を省くことが出来ます。
もちろん手数料などもかかりますが、それを差し引いても売り手には仲介業者に入ってもらうメリットが多いことがわかります。

一方、買い手や借主にはどんなメリットがあるのでしょうか。
一般的に利用する機会が多いのは賃貸でしょう。
ほとんどの場合は仲介業者からの紹介で賃貸を探すと思います。
書類の種類は違いますが、買う場合も借りる場合も業務内容は同じです。
契約書の作成はもちろん借主や買主に条件の合った物件を紹介して、売主や貸主との交渉の間に入ってくれます。
直接話すことがありませんので、交渉技術の心配はありません。
気になるのが仲介手数料ですが、上限が決まっていますので多く取られるということはありません。

不動産仲介料とは

どんな業者も扱うには料金がかかります。 しかし不動産の仲介ではどれくらいの金額がかかるのでしょうか。 相場などはいくらでしょうか。 金額は誰もが気になるところですが、特に見えない金額なのが仲介料だと思います。 どのように金額を設定しているのでしょうか。

信頼できる業者選び

不動産仲介業者を選ぶということは、物件選びを一緒に進めるパートナーを選ぶということです。 そんな重要な役目を適当な対応で終わらせてほしくないですよね。 物件探しは人生の中でも一大イベントといわれています。 責任を持って業務をしてくれる業者を選びましょう。

TOPへ戻る